2010/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレクサンダー
今日は午前中からアレクサンダーのレッスンを受けてきました。
今年になってから始めて、5回目のレッスンです。
最初は2月、
次が3月、5月 、7月
そして今日と・・・・・。
2月はクループワーク 3月個人レッスン 5月グループ 7月個人そしてグループ。
結果的には交互に受けて来たみたいですね。

初回は歩き方が断然楽になって、
今までの3分の1くらいの労力で歩けるようになった感じでした。
前回は 肩甲骨を広げる感じで弾く事で fジストニアが治ったと思うくらいだったのが、
残念ながら、その日一日のできごとで終わってしまいました。

そして今回は、
どうも背骨の自分のマップが違ってたような気がします。
背中に背骨があるように思っていたみたい・・・ほんとは
もっと内臓側にあるのかな(?)
今日からちょっと意識を修正してみようと思います。
これで腰・背中の疲れ、張りが取れるといいな。
(合っていれば、少しは楽になるでしょう)  

スポンサーサイト
リハビリ
あれから3週間・・・・・。
S先生よりやるように言われた、毎日30分のリハビリ。
出来ない日もあったけど、一応毎日のようにやって来た。

メトロノーム 20からはちょっと遅すぎるので、
30から初め 今も大体そのままのテンポでやってます。
本当は、20から始めて 30 40 とやって、
それがクリア出来るのか出来ないのからしいのだけど、
出来ないテンポでやっても仕方ないので、出来るテンポでのみやってる。

いくら遅くやっても、たとえ10でも出来ないかたちは出来ない。
とにかく出来るテンポから と思ってやってます。
手のかたち(フレーム)を無視すれば、まだまだそこそこのテンポでも
動くのでそれでは意味がない・・・・・この病気の原因からすれば
そんなやり方をしたら、リハビリの意味もないし、
当然のようにさらに病状が悪化していくだろう。

基本的には、1ポジションだけを使った A Durの2オクターブの音階と
単純な16分音符だけのエチュードを、音符1つ 30と40の速さで。

とにかく我慢の練習(リハビリ)。
テンポが遅いので、30分はあっと言う間に過ぎてしまう。
結局、一時間近くかかってしまうのだけど、いいのだろうか・・・・・。
まぁ、先生はリハビリ以外何弾いてても良いと言ってらしたようなので、
多少時間が長くなっても大丈夫と、勝手に自分流の解釈をしてます。

ほんとに遅いテンポだと、(何時も出来るわけではないのだが)
手のフレームが少し維持できるようになって来てるような気もするので、
リハビリの効果が早くも出てきているのかな。
と思いつつあんまり焦らずじっくりですな・・・・・もう2年半も試行錯誤してるんだからね。

あと一ヶ月は、プレイの仕事は入れず
リハビリに専念するつもりでいます。

明日は久々に
アレクサンダーのレッスンです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。