2014/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボストン ③
さて、今日が一番のヤマ場の日ですが、
そのブルックライン高校での演奏会は夜。

そんな訳で、午後まで自由時間・・・・・・。
でしたが、
Oさんと、この日の空いた時間に何とか楽器屋さんを捜して
行ってみたいと前々から話し合っていたいたものの、
なにせ泊まっているホテルから市内まで3~40kmも離れているわけで、
車社会のここではどうにもならない・・・・・・。
そんな話を昨日してたら、その話を聞いていたM先生が
お昼過ぎまでなら車を出してくれて
市内の楽器屋さんに連れて行ってくれる事になり
急遽、その他3人も一緒に5人で楽器屋さん探検となりました。
P3270091.jpg

市内のボストンシンフォニーホールのそばの楽器屋さんを見つけて、
侵入(?)
ありましたありました、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロが沢山並んでました。
DSC00804.jpg

触らないようにと書いてあるのを無視して、手に取ったりしてたら
店のオーナーが出てきて、裏にもっといい楽器があるから見てもいいと
裏に連れて行かれ、「買う気があるのか、それとも見るだけか」と聞かれ、
「見るだけ!」って言ったら、2~30挺あるヴァイオリンを見せてくれて、
好きなのを好きなだけ、見ても弾いても良いって言われたので、
弾きまくりました。
その人の製作したヴィオラも、
自分が作ったやつとの事で弾かせてくれました。
DSC00805.jpg

ところが・・・残念ながら、今年の初めに肩の手術をして
楽器を半年弾けずにいて、2週間くらい前からやっとリハビリと
称しながら弾き始めたばかりで、
昔(?)のように上手く音が出ませんでした。
それにしても、
買う気もない客に好きなだけ楽器を自由にさせてくれた、
このお店には感謝です!!!
一応、30ドルほどの顎当を一つ買い、
Oさんは、400$くらいのCbの部品を買いました。

午後、ホテルに帰り待っていると
お迎えが来ました。
今日は、普通のバスでもワゴン車でもなく、
スクールバスでの移動です。
よく映画などに出てくる例の黄色のボンネットバス。
CIMG0274.jpg

後ろの方には、東スクールの高校生バンドのメンバーが乗ってました。
我々も一緒に前の方に乗り込み、一路ブルックライン高校へ・・・・・。
2008_0102_095538-IMGP9188.jpg


スポンサーサイト
ボストン②
さて、2日目・3日目の予定が
今回ボストンに来た本当の目的の日です。

朝、9時過ぎに 
M先生とU先生が車2台でお迎えに来てくれました。
ホテルから一路、ボストン東スクールへ・・・・・。
P3260061.jpg

着いて一休みして、オオストの練習です。
ちょっと音合わせをして、会場の体育館移動です。

体育館は、日本の小中学校とほとんど同じようなつくりでした。
そこで、Ozora Strings と Higashi Jazz Band との合同練習。
P3270068.jpg

そして、生徒・先生たちが入って来てみんなの前で演奏でした。
なかなかの出来・・・・・拍手喝采!
ちょっと心配してた1回目の演奏会が無事に、また思ってた以上の
良い出来だったので、ほんとに良かった良かったです!!!

午後は学校内を案内していただき、
その後レクチャー・・・・・
職員室で歓迎レセプション・・・交流。
職員室も日本の職員室と同じよう。
(普通こちらの学校に職員室はないとのことでした)
P3270084.jpg


夕方、6時過ぎにホテル着。

明日の夜が一番のメインの
ブルックライン高校のホールでの演奏会です。





ボストン ①
今回のボストン行きについては、
3月24日の河北新報の夕刊に「大宙ストリングス」の
記事になってましたが、
このオオストの十年の集大成の、そして最後演奏を
ボストン東スクールのジャズバンドとの交流演奏として・・・・・
そのサポートメンバーの一人として参加しました。

正規メンバー5人(本当は11人いる)と指導者一人。
付き添いの親5人にサポート5人の、総勢16名。
3月25日~31日、ボストンのみ。

仙台空港発8:00
成田発 11:30  ボストン着 11:15(予定)
日本との時差が マイナス13時間なので、ほとんど同じ日の同じ時間に着く予定で
したが、飛行機が少し遅れたので、実際にボストン着は13時近くになってしまった。
楽器については、前回に書いてるように何の問題もなくすんなりいきましたね。
そうそう、壊された弓を止める所は、仙台弦楽器でなんなく直してくれました。

いや~、でもエコノミーでの12~3時間乗ってるてのは、
あんなに大変だとは思わなかったな・・・・・。
でもメンバー5人は不満も言わず、何事もなかったかのようにケロッとしてたように
感じたのは、気のせい(?)

ローガン空港には、ボストン東スクールの M先生とU先生が出迎えてくれました。

P3260049.jpg
大型バスに16人が乗り、ボストン郊外のブルックトンのホテルへ。
ハイウェーで40分位かかったかな・・・・3~40km。
ホテル15時頃着。

P3280098.jpg

時差で、みんな眠そう・・・半分居眠りしてる。
ちょっと休憩して、全員で夕食タイム。
すぐそばにあるショッピングモール(?)を探検。
そして、みんなでスーパーーマケットにてお買い物。
レジ袋を下げて、レストランを物色・・・・・中華風・日本食風・
ファーストフード風・・・・
結局、ホテルに一番近いアメリカ風ファミレスに16人で入りました。
メニューは日本のファミレスのアメリカ版みたいな感じ。

それぞれ好き勝手に注文して待ってると・・・・来た来た。
それにしても、量が半端なく多い。
この後、食事のたびにこの量の多さと格闘することになる。

第一日目初日、午後8時頃にはみんな寝たらしい。
そりゃそうだよね~、朝起きてから24時間以上昼間(???)
だったんだものね。

飛行機と手荷物 2
行って来ました、ボストン。

本来の普通のヴァイオリンケースで持ち込もうとした人は居なかったので、
全員無事、飛行機乗り込みで問題なく通過出来ました。
ANAの国内線用の貸し出しケースでも、難なく通過!

私は、ヴィオラだったので、
持込のためだけにソフトケースに入れ替えて機内持ち込みをした訳ですが、
別にトランクと一緒に荷物として預けたケースは開けられたようで、
中の弓を留める所が壊されました。
強引に引きちぎった感じで・・・新しいBamのケースだったので
ちょっとショックでしたね・・・交換部品があるといいのですが。

詳細は後日。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。