2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後
いや~、どうしても間が空いてしまいますね。

結局、2回大学病院には行ったんだけど原因は何にも分からず・・・
3回目の予約はして来たのだけど、多分次回もあれやこれや言われるだけで
原因も分からないだろうと勝手に考え、待ち時間等のことを思うと無駄のような気がして
キャンセルしてしまった。
とは言え、手の具合は良くはならず、少しづつ悪くなってるような気もして、
最初の先生の所に再び診て貰いにいったが、「あれ~、大学病院に行ったんじゃなかったの?」と、
経過を説明すれど、それ以上分からず。
こちらから、「もしかしたら腱鞘炎なのかもしれないですね?」と言ったら、
じゃまた紹介状書きましょうか? と言われたが、
みんな首都圏なので、断って帰ってきてしまった。

万事休す

その後、鍼が良いんじゃないかと去年の夏から、週に一度の割で通ったが
全然効果がなく4ヶ月で止めてしまった。

そして、アレクサンダー・テクニックとの出会い。
藁をもすがるつもりで、レッスンを受けた。
手とはまるで関係ないのだが、歩き方が変わった。
今までの三分の一くらいの労力で歩ける感じ。
すごく楽に歩けるようになった。
期待大!!

でも先生より、それってもしかしたら《フォーカル・ジストニア》かもしれないから、
ちゃんと診断してもらった方がいいと言われる。
そしてそれが、知る人ぞ知る有名な横浜のS先生でした。
その名前は知り合いのお医者さんから数ヶ月前から聞いてはいても、横浜では遠すぎと
ずっとどうしようか悩んでた。
でも、いつかは行かなきゃ・・・・・。

アレクサンダーは それからもK先生が仙台に来るたびレッスンを受け
今まで4回のレッスンを受ける。

4回目のレッスンの数日後・・・・・
ヴァイオリンを構えて、弾きながら背中を伸ばして
肩甲骨を横に開くようにしてみると、指が巻き込まない。
え、ほんとに???
これはすごい、久しぶりに薬指が楽に上に上がってくれる。
嘘のよう。
忘れないように、シッカリその姿勢を頭に叩き込んで何回も確認。
もう大丈夫だろうと、明日に期待し練習を終える。

ところが・・次の日昨日のことを思い出しながら一つづつやっていくけど、
同じようにはならない。
何度も何度もくり返すが昨日のようにはならない。
それから数日間も同じくり返し。
あれはなんだったんだろうな?
ホントはうまく出来てなかったけど、そう感じただけだったのかな?

そして先週、行って来ました横浜に。
・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。