2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆
アレクサンダーのK先生より半年前より勧められていた
横浜のS先生の診察。
いつかは行かなきゃと思いつつ、遠くてと延ばし延ばしになってた。

こんかいお盆で実家の大宮にいくついでにどうかな? と。
8月10日から15日だから病院も休みかなと思ったけど、
一応電話してみた。
12日はS先生が診察してるとの事、それも予約はしなくてもよくて、
10時半までに受付をすませれば診てくれるとのこと。ラッキー。
後は、朝寝坊さえしなければ・・・・・大宮から病院ある駅まで正味2時間。

当日は、無事6時過ぎに起きて7時半には電車に乗ってた。
(せっかくのチャンス、少し時間に余裕をもって)
9時半過ぎに病院到着。
1日がかりの診察を覚悟していたけど、12時頃にはすべて終了。

少し待って、一回目の診察。
念のため、手と首のレントゲンを撮る。
それを見ながら二回目の診察。

病名は、やはり「フォーカル・ジストニア」とのこと。
いろいろ説明をして行くと、他のヴァイオリン・ヴィオラの患者さんと、
症状がほとんど一緒だから間違いないでしょうと、おっしゃってました。
「治るんでしょうか?」と聞くと、
「大丈夫ですよ、みなさん治ってます」 との心強いお返事でした。
(なぜか、男性より女性の方が治りが早いとのこと?)
治療と言うより、
リハビリをやりましょう と言われ、
そのやり方を教えていただく。

ピアノの場合は大体音階かららしいが、
ヴィオラは音階でも曲でもどちらでもいいとのこと。
まず、メトロノーム 20からゆっくり練習する。
それを30分きっちりやること。
あとは、好きに練習してもいい。
これだけです。

2ヵ月後の10月14日 
リハビリのその結果をみつつ、再診していただける事になり予約して帰ってきました。

よく分からない事もありましたが、
とにかく、言われた事を自分なりに考え 工夫をして2ヶ月頑張ってみる事にします。


リハビリのやり方 経過は、少しづつここに書いていきます。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。